私の薄毛予防のヘアケア方法

私の父親は髪の毛が薄い人なので、私もいつか薄毛になるのではないかと思ってヘアケアが欠かせません。そのおかげもあって、40歳を過ぎた今でも髪の毛がふさふさです。自分もいつかハゲになってしまうんではないかという人のために、私の髪の毛ケア方法をお伝えします。

私の髪の毛のケア方法の一つ目が、ドライヤーの使い方です。以前までは髪をセットするために長時間使用していましたが、今では一分以内に決めています。髪を乾かす程度にすることで、頭皮を刺激しないように気を配っています。

二つ目が、育毛剤の併用です。育毛剤には頭皮に直接塗るタイプと、飲むタイプがあります。私はこれを併用しています。そうすることで抜け毛が飛躍的に減って、薄毛にならずに済んでいます。

最後の3つ目が、あまり薄毛を心配してストレスを溜めないことです。ストレスは髪に影響するので、ケアをしたら忘れるようにします。そうすることでストレスを溜めずに薄毛にならずに済んだのです。
薄毛のヘアケア方法で悩んでいる人は試してみることをおすすめします。

みんなの育毛法
個人差はありますが、ある程度の年齢になると男女を問わず、頭髪が薄くなってきたり、脱毛が多くなる場合があります。頭髪が薄くなってくると外見上、目立つため見栄えも悪くなり、人によって自信を失ったり、マイナスの感情に陥ることもあると思います。薄毛や脱毛を予防するために、私が常日頃実践していることは、片寄った食事をしないことや深酒を避けたり、規則正しい生活をするように努力しています。なかでも育毛をするために、こまめな洗髪をしています。その際に指先で、あまりゴシゴシと洗わないように注意して、指の腹で地肌をユックリと前後左右に動かすようにして、洗っています。また夜寝る前に、育毛剤を振りかけて、地肌を抓むようにマッサージもしていますし、暇な時は頭全体のマッサージをするようにしています。このような努力のお陰で、年齢(60代)の割には、頭髪も多く白髪も少ないと思います。

笑い話に使える育毛剤の話
私が一番初めにやった育毛は育毛剤を使った頭皮のケアでした。シャワーを浴びた後になじませるようにしていく方法です。まだハゲが目立つほどの頭ではなかったのですが、身内にちょっとてっぺんの肌部分が見えるようになった、と言われてから使い始めました。育毛剤なんてどれを使えばいいか分からないから、ネットの口コミを元に購入しました。そして説明書通りに読んで、シャワー後に育毛剤を手で伸ばして、頭皮を指でなでるように当てて塗りました。ミント成分というのか薬品成分の効果による物か、育毛剤を使った後は頭がスースーしていました。毎朝、手鏡で頭頂部を見ては変化のないことに焦れていたこともありましたが、最終的には別の目的として使っていました。シャワー後の爽快感が増すという目的で使うようになっていました。これが私が初めて育毛剤を使ったことについてのエピソードです。たまに飲み屋で話のネタに使っています。